戸建シリーズ

リビングが主役の、大きな住まい

TOKYO BIG HOUSEが手がける戸建住宅の特長は、リビングが主役であるところにあります。家族が集い、だんらんを楽しむスペースを可能な限り広く、明るく、風通しよくすることで、機能性はもちろん、快適性と開放感を最大限に確保。屋根裏を吹き抜けにしたり、リビングとウッドデッキに連続性を持たせたり、廊下を排したり、実際の面積以上に広がりを感じられる工夫が随所に光ります。

リノベーションシリーズ

好きな街に、好きな空間を。

中古戸建やマンションの居住空間をいったん構造体だけを残したスケルトン状態に戻して、ゼロから空間をつくりなおす。最大のテーマは、いかにして「大きな家」を実現するか。箱としての形状や面積が決まっているからこそ、デザイン力が問われます。経験豊富な建築士・デザイナーが腕をふるう、美と機能の融合。「好きな街に暮らす」なら、最適な土地との巡り合いを待ち続けるだけでなく、デザイナーズリノベーションという選択もおすすめです。